ゼナック プレジールアンサー  PA90 ジョーブレイカー

プレジールアンサーシリーズ最強。短くて強いが新たな攻略を可能とする。

プレジールアンサー 89,プレジールアンサーB80ソップモッドに続いて私が愛用しているこのロッドについて、特に89モデルとの比較を交えて紹介します。

〜以下はHPより抜粋〜

1オンス以上のルアーを軸にランカーゲームを組み立てるためのアンサーシリーズ最強のパワーロッドが登場。強さに加え、強風下でもしっかりとふり抜けるシャープさもバランス良くプラスした。
ロッドパワーが必要となる潮通しの良いポイントや河川の流心に潜むランカーを引きずり出せるハイパワーバットセクション。安心してやり取りできるバットパワーはアングラーにもファイトにも余裕を生み出す。
エラ洗いや魚の方向転換に追従するティップ&ベリーセクションは、パワーの吸収と反発のバランスがとれたブランク。バレることが多い50~60㎝クラスのランディングも、このクラスのロッドにしては高捕獲率。
ルアー操作・キャスト性能においてはRGガイドシステムと相まって安定した動作を続けることが出来る。過酷な海外フィールドでのテストも実施したプレジールアンサーのストロングモデル。

 

 

ルアーウエイトは〜50gとスペック上でも最強なので、やはり89と比べると硬さを感じます。既にRGガイドに慣れてしまっているせいか、89の時ほどの感動はありません。(というか89のキャストフィールがヤバすぎ)

表記通り10g〜からキャストは可能ですが、〜26gまではキャストフィール・操作性共に89に軍配。

やっぱりこのロッドの真骨頂はメーカーの説明通り28g〜のルアーやキャスト時の抵抗が大きいルアーを扱う時だと思います。

正直、姫路界隈でただ単にシーバスをやるだけだと役不足感は否めません。

しかし、そんな中でもこのロッドがハマる使い方があります。

私が特に魅力を感じるのは下記の通り。

 

①14cmクラスのミノーをジャーキングするなど、リアクションでシーバスを狙う釣り

パワーがあるおかげで、私が良く使うブローウィン140Sのジャーキングメソッドや、メタルバイブのボトムドリフトに抜群の操作性です。

これは89より遥かにやり易いです。

 

②ウェイクベイトやビッグベイトの緊急登板時

〜50gまで扱えるスペックは、「今日ビッグベイトかぁ」なんていう時にも対応できます。

ウェイキーブー 48gやボルデ 148はなんの躊躇も無くフルキャスト可能。ジョイクロだって扱えます。

また、マイワシパターンでお馴染みセットアッパー125S-DRにも抜群の使い心地!

あまり本数を持ち歩けないシーバスにおいて、1本で幅広く使えるスペックはありがたいです。

 

③突然の青物ナブラへの対応

潮通しの良い堤防でシーバスを狙っていると突如現れる青物のナブラ。もちろんナブラが立たなくても釣れることもよくあります。

そんな時、青物への対応力も持ち合わせています。

遠くで起こったナブラでも飛びキングをフルキャストできるので、誰よりも遠くを狙い撃てます。シーバスロッドで、です!

上記のような状況に当てはまるならPA90はオススメです。

逆に、それよりもライト側なら断然PA89ですね。

これはとても幅の広がる1本でした。