ライトゲームの収納にVS-7055Nが抜群

ランガンシステムBOXの末っ子である7055がライトゲームに最適

タックルボックス

それは決してマストではないが、あると釣りの快適性が増すアイテム。

こんな経験をした人もたくさんいるだろう。

 

  • 遠征の準備を始めたけど、あのアイテムどこに仕舞ったけなぁ~。ヤバ、準備にメッチャ時間かかるわ…
  • わ!メッチャボイルしてる!早く準備しなきゃ!あのルアー投げればイチコロなのにドコ仕舞ったっけ。ヤバい時合終わってまう…
  • これ無くなったから追加購入したのに、ココに仕舞ってたんか!もったいないことしたわ…

 

しっかり収納すれば釣りの効率も上げることができ、釣果アップや無駄買い防止にも役に立つものだと思っている。

なので、それなりに収納には気を遣っているつもりです。

かと言って、釣りのジャンルによって必要なアイテムも違うし、それに伴う収納力もバラバラ。

コレを買っておけば万事解決!っていうものはあまりなくて、それぞれに専用品を準備することが最善だと思ってます。

今回はライトゲームにおける収納において、とても良いものがあるので紹介します!

VS-7055Nとは

タックルボックスと言えば明邦化学!!!ですよね。

明邦化学の中にも「メイホー」と「バーサス」というブランドが存在しますが、今回は「バーサス」ブランドの製品です。

バーサスの中にもラインアップがいくつかありますが、今回紹介する7055Nはランガンボックスシリーズです。

サイズ展開が複数ありますが、7055Nは一番小さいタイプです。

VS-7080 VS-7070 VS-7055
375×293×275mm 434×233×280mm 313×233×231mm
2150g 2050g 1360g

 

ライトゲームってフックもルアーもワームも基本的に小さいですので、そんなに嵩張りません。

むしろ軽装備で釣りができるところにメリットがあるようにも感じます。

なので、最小サイズで重量も一番軽い7055が一番ライトゲームに向いてるかなと思います。

ちなみに、型番の最後に付いているNはハンドルストッパー機構の有無を示します。

Nが付いているものはハンドルストッパー機構ありということです。

モノを入れた時に重量バランスが崩れて、ハンドルを持った際にハンドルに対してボックスが斜めなってしまうのを防止する機構です。

必要な人は最後にNが付いたものを購入してください!

値段も数百円変わってきます。

収納力

一般的にライトゲームに必要な道具と言えば、こんな感じでしょうか。

私はライトゲームガチ勢ではないので、一般論としてそれなりに皆さんの参考になるのかなと。笑

  • タックル(多くて2セット)
  • ヘッドライド
  • ジグヘッド(ウエイト別に8袋程度)
  • ワーム(ピンテール・フィッシュテールをサイズ別・カラー別に20袋程度)
  • リーダー(太さ別に3つ程度)
  • スナップ
  • フィッシュグリップ(ガ-グリップ)
  • クーラーボックス

くらいですよね?

クーラーボックス以外はすべて1つにまとめたいものですね。

このくらいの量であれば7055で十分入ります。

カスタム性

バーサスシリーズのメリットとしてカスタム性の高さがあります。

下でも記載しますが、私はロッドホルダーを追加購入してセットしています。

そのほかにもルアーホルダーだったり、ドリンクホルダーであったり、自分好みの使いやすいボックスにカスタムできるのが良いですね。

左右それぞれ3つずつセットできるようになってます。

ランガンボックスシリーズは共用できるみたいですので、無駄になりづらいのも◎です!

実際の使用例

一例として、私の使用例を紹介します。

VS-7055Nは2層に分かれています。

メインは下の層を使います。

ワーム・ハードルアーは下に。

半面空くくらいです。笑

ハードルはーはルアーケースFがちょうど縦に入るので重宝しています。

 

上の層には、使用頻度の高いルアーを収納する用のケースと、小物類を収納しています。

サイドにはロッドホルダーを1つ追加購入してさせるようにしています。

ガーグリップもサイドに収納しています。

これ、専用のアタッチメントなしで、直刺しです。笑

ロッドは専用のアタッチメントを追加して、2セット持って行った時の使用しないタックルをセットできるようにしています。

まとめ

ライトゲームにピッタリなランガンボックスVS-7055Nを紹介しました。

いかがでしょうか。

ライトゲーム以外にも、エリアトラウトだったり、堤防のチョイ釣りにも◎と思います。

是非お試しください!