今更ながらグリッサンド77を使ってみた

オフショアキャスティングにコレ1本!!!もちろんショアにも使える超絶万能ロッド

現代の釣具業界の傾向は「細分化」

ロッドにしても、ターゲット合わせてメーカーの中でもブランド化していて、非常にラインナップが多くなっている。

それはより釣りが成熟している証だと思うし、選ぶ楽しみが増えるのも悪くはない。

ただ、気づき始めてる人も多いだろう。

際限がない。笑

もう沼も沼。

 

きっかけはオフショアのロッドチョイス。

最近は釣りブームや、釣り禁止エリアの増加等もあり、オフショアの金塊ボートゲームの人気が増している。

その影響もあってか、タックルに制限を掛けるボートも増えている印象。

8ft以下。10-50g程度扱える。スピニングロッド。こういうスペックのロッドってなかなか見つからない。

 

このロッドを購入したきっかけ

オフショアと言っても非常に幅が広い。

私が良くやるのはボートシーバスなので、そこをメインに考えた時に10-20gくらいのルアーを扱いたい。

ただ、オフショアの幅を広げたいと考えた時にロックフィッシュやサワラを始めとする青物も視野に入れた30-50gのルアーも扱えたら嬉しいなと。

ボートでの取り回しを考えた時に7〜8ftのスピニングで、10〜50gを扱えるロッドを探したものの、、、なかなか見つからない。

ようやく見つけたのがこのグリッサンド77

同じようなスペックでグリッサンド72というロッドがあり、そちらと非常に迷ったが、72の方が全体的にハリがあり、

釣具屋で1時間くらい悩みましたね…。笑

実際に使用してみて

ツララ特有の筋肉質ブランクのメリットを強く感じるロッドです。

しっかり曲がるブランクスは小さいルアーもしっかり投げれます。

魚が掛かればしっかりバットで受け止め全く不安感がありません。でもロッドがしっかり曲がり魚にテンションをかけ続けてくれるのでバラシも非常に少なくなる印象です。

とまぁありきたりなことを書いてみました。笑

オフショアキャスティングの万能ロッド

オフショアを目的に購入したので、様々な釣りに使ってみました。

ロックフィッシュ

ここでいうロックフィッシュとはアカハタとオオモンハタを指します。

どちらかというとアカハタはボトムの釣りで、オオモンハタは中層のスイミングの釣りなので、ロックフィッシュですが釣り方が異なります。

それぞれに使ってみました。

中層の釣りには40〜50gのジグヘッドを使用しました。スペック的に上限くらいですが特に不安なく扱えました。肝心のオオモンハタは釣れませんでしたが、ロッドアクション的にもこういう巻きの釣りは77にはもってこいだと感じました

 

ボトム狙いには最初50gシンカーのフリーリグで使いましたが、さすがにティップが入りすぎてしまいら50gを使うような潮流が早いエリアでは素直にベイトタックル使った方が良いです。笑

28g程度のシンカーでボトムが取れるような状況であれば問題なく使えました。

青物

ピンテールサゴシチューン20g & 28gなどのミノーはもちろん、40〜50gのブレードジグも問題なく扱えます。

もちろんキャスト時の不安もなく、掛けてからのロッドパワーも全く問題はないです。

バラしてしまったので魚の写真はありませんが(笑)

このジャンルまで扱いたくてこのロッドを選んだので、とても満足ですね。笑

SUPフィッシング

私が最近力を入れているジャンルです。

オフショアの中でも特に積載制限が高いので、1タックルで幅広く対応できるロッドは非常に重宝します。

不安定なボード上での作業でも、77の長さであればティップにも無理なく手が届きますのでバランスを崩して転覆するリスクも低くできます。

ルアーウエイトはもう言うまでもなくバッチリです。

もちろんショアゲームにも対応

私のメインフィールドであるドブ川シーバスはもちろんですが、チヌのトップゲームやガシリング(笑)にも使いやすかったです。

ふら〜っと海岸を散歩がてら片手にこのロッドを持ってると良いことがありそうです。

グリッサンド72と迷ったら

実は購入する際に77と72で非常に迷いました。グリッサンド購入される方は皆さん悩まれるみたいですが。笑

釣具屋で両ロッドをこれでもかというくらい曲げ比べて77にしたんですが、その際に感じた違いについて書いておきます。皆さんの参考になれば。

72の方がティップまで全体的にハリがあります。これが最大の違いです。

私の場合ボートシーバスをメインに考えた時に少しティップが入る調子の77がベターと考えました。

このように、ティップが入った方が良いであろう対象魚や、巻きメインの釣りには77。

逆に、アクション性能や早い応答性を必要とする釣りや、ボトム中心の釣りには72。

そんなように感じました。

とは言え、私は77でアカハタやマゴチをとボトム攻めで釣ってますし、もちろん対応はできます。

まとめ

ツララの名竿グリッサンド

今更使ってみましたが、非常に懐が深いロッドで1本あると幅広く対応できます。

人気な理由がわかる気がしました。

特に、これからどんどん流行るであろうオフショアに関してはコレ1本でかなりの範囲を対応できてしまいますので、オフショアロッドに悩んだ際には是非検討してみてください!