差は歴然!モンベルのダウンは間違いなくオススメ‼︎

軽くて暖かい、その上コンパクト!高品質800フィルパワー・EXダウンを使用したモンベルのスペリオダウンが圧倒的コスパで超オススメ‼︎

 

冬の防寒着として欠かせない絶対的存在なのがダウン。ただ、ダウンと言っても当然どれも同じ訳はなく、品質によってクラス分けがされています。ですので“ボリュームがあれば良いもの”というわけではないんです。

化学繊維のものもあれば、天然ダウンのものもあります。天然ダウンにも一般的にはグース(がちょう)ダウンとダック(あひる)ダウンの2種類があります。

ダウンの品質は一般的に“フィルパワー(FP)”という単位で表示されます。これはダウンが持つ“ロフト=かさ高さ”を数値に表したもので、数値が高いほど高品質とされます。一般的には550~700FPが良質ダウンとされています。

例外はありますが、一般的にダウン品質の高い順に並べると

グース>ダック>化学繊維でしょうか。

モンベルはシュラフで圧倒的人気を誇るなど、ダウンの品質は折り紙付きで、かつ得意分野です。グースを用いたシリーズとエクセロフトという化学繊維を用いたシリーズがあり、多くのラインナップを揃えています。

その中にあって、今回紹介するのはモンベルのスペリオダウン・ラウンドネックです。商品の説明は以下の通り。

高品質な800フィルパワー・EXダウンを、光沢を抑えたしなやかな生地で包み込んだシリーズです。アウターの襟元と干渉しにくい首まわりのデザインで、スーツの下などにも中間着として着用しやすいシルエットです。フロントはスナップボタン仕様なので、アウターとして着用した際にもごわつきにくくなっています。
おすすめ使用シーン…冬山登山など寒冷地での中間着、季節を問わずフィールドへ携行する防寒着、街中でのアウターとして。

モンベルのダウン比較の中では軽量コンパクトに分類される商品で、完全アウターというより、中間着として使うことが多くなります。

が、外出先での突然の冷え込み。あるいは少し肌寒い時にアウターとして使える暖かさを十分に備えていて、オールシーズン使える万能性を持っていて、1枚あると助かる場面が多い優れものです。

 

実際使用してみて、以下2つの点で優れていると感じました。

①圧倒的暖かさ

先程、550〜700FPが良質ダウンに分類されると記載しましたが、このスペリオダウンは800FPを誇ります。モンベルによると、550FPと比較して暖かさが30%アップするとのことです。実際に着用してみると、本当に暖かく、去年まで使用していたユニクロのウルトラライトダウンには戻れません。

また、釣りの際は更に上に防水防風のアウターを着用しますが、非常に暖かい空気層をアウターと体の間に作ってくれるので、アウターとの相乗効果で保温性が非常にアップします。

②圧倒的携行性

非常に暖かいのに非常にコンパクトになるのも800FPのスゴイところ。収納時のサイズはφ10×15cmと、荷物の隙間にスッと収納することが可能な程です。いつでも持ち歩けます。

 

やっぱり気になるユニクロとの比較

さて、ちょっと触れましたが、やっぱり気になるのはユニクロのウルトラライトダウンとの比較ではないでしょうか。

ユニクロのウルトラライトダウンはダックダウンが使用されているらしく、640FPとのこと。

正直に書けば、640FPなので十分に良質なダウンということになります。

当然比較すれば800FPを誇るモンベルのスペリオダウンの方が保温性・軽量性・収納時サイズは上です。

ただ値段は

モンベルスペリオダウンは10,800円

ユニクロウルトラライトダウンは5,990円

と倍近く異ります。

ちょっと街を歩くくらいのタウンユースであればウルトラライトダウンで十分だと思いますが、釣りやキャンプ・登山等、外に長時間いるのであれば間違いなくモンベルスペリオダウンをオススメします!

公式HP

防寒対策をしっかりして冬のアクティビティを楽しみましょう♪