レイトブルーミングス510+REV2.0をボートシーバスで使ってみた

トランスセンデンスのフラッグシップ的存在であるレイトブルーミングス510+ REV2.0はボートシーバスにも抜群の対応力を発揮

今季ゲットしたお気に入りのロッド

トランスセンデンスのレイトブルーミングス

通称“レイブル”

 

何そのロッド!?っていう方はこちらをご覧くださいね。

 

前回は73ver.でショアシーバスに使用したインプレでしたが、

今回は510ver.でボートシーバスで使ってみたので、そのインプレを!!!

 

ビッグベイトにも余裕で対応!

ビッグベイトを用いてコノシロ着きのランカーシーバスを狙う通称“ランカー便”が人気沸騰中です。

目立ってなんぼ!なこの釣りで多用される、

  • メガドッグ・コノハ・スーパーサミー等、130gクラスのビッグトップウォータープラグ
  • ダウスイ240・ジョイクロマグナム等の100gクラスのS字系ジョイントプラグ

も問題なく使用できるウエイトキャパがありました。

ティップは結構入るロッドなので、最初は少し怖いかもしれませんが、大丈夫です!

コツはタラシを短くする(ほとんどゼロ)ことですかね。

 

ジョイクロ178とか50gクラスのルアーなんてドンピシャで超~~~快適です

 

ランカー便の記事でも書いていますのでコチラをご覧ください!

 

 

超絶キャスト精度!

コノシロ着き狙いだとオープンエリアが多く、投げられればokな感じが強いですが、オープンエリアだけがボートシーバスの釣りではありません。

ショアからだと撃てないような人工島等に居着いたシーバスを狙えるのもボートシーバスの魅力です!

 

その場合、ストラクチャー際に積極的にルアーをキャストしていく必要があります。

そんな釣りですと、やはりロッドは短い方がキャスト精度が上がりますので圧倒的に有利です。

 

長さはもちろん、適度に入るティップとの相乗効果でストラクチャーの奥の奥へバシバシ撃ち込めます!

他の人が撃てないようなところにキャストできれば当然・・・ですよね!^^

 

ストラクチャー撃ちの釣りがより楽しくなるロッドです!

ティップが曲げられるウエイト幅が広いのでビッグベイトだけじゃなくてミノーだって1本でカバーできちゃいますよー

 

SUPフィッシングにも対応

これ最近チャレンジしてみました!

 

SUP=Stand  Up Paddleboadの略で、簡単に言うとデカいビート板に乗る遊びです(笑)

 

そんな沖にでず、沿岸を回遊しているカタクチイワシ着きのシーバスを狙ってみました。

カタクチイワシ着きなので、ルアーはそんなに大きくないですが、全く問題なく対応できました。

ルアーはVJ-16。ワーム重量の合わせて20gくらいかな?

 

SUP×レイブル

こりゃ釣りの幅が爆広がりですわぁ

 

にしてもVJはやっぱりエサやな