ブルージュ190Fは超万能ビッグベイト

空前絶後のビッグベイトブーム。ブルージュ190Fはそんな時代のド真ん中なビッグベイト

現代は空前絶後のビッグベイトブーム。

各社から様々なビッグベイトが発売されています。

 

私もビッグベイトは大好きでいろんなビッグベイトを使ってみてはいます。

 

そんな中で、コレは間違いないド真ん中なビッグベイトだろうと思うのが、ヒフミクリエイティングから発売されているブルージュ190F。

 

何がド真ん中なのか?オススメな理由は何?

そんなことを含めて書いていきます!

 

ブルージュ190Fとは?

天才ルアーデザイナー米澤さんが手がけるヒフミクリエイティングから発売されている190mm/42gのビッグベイト。

米澤さんはリトリーブ論等釣りの腕前も相当高く、あの理論的なスタイルは憧れで、所謂ファンです。笑

 

ブルージュ190Fの特徴はテールが2種類付属しており、1つで幅広いアクションをカバーできる一石二鳥なビッグベイト。

コンセプトはナチュラルベイト!

3連ボディー+エラストマー樹脂で非常にナチュラルなアクションを演出します。

 

何がド真ん中?

 

サイズがド真ん中

ビッグベイトと一言で表現しても様々なサイズがあります。

小さいものは140mm程度から大きいものは250mm程度まで。※それ以上はジャイアントベイトということでビッグベイトからは除外します。笑

190mmというサイズはまさにド真ん中!なサイズ。

重量も42gと、パワー系のスピニングロッドから、ビッグベイト用のベイトロッドまで、比較的道具を選ばずに使用することができます。

 

 

動きがド真ん中!

ブルージュ190Fにはフィッシュテールとスイムテールの2種類が標準装備されています。

このテールを使い分けることによって動きがガラリと変わります。

フィッシュテール:S字やスライドアクションを出しやすいアクション。積極的なアクションでシーバスにアピール。

スイムテール:スイミングを極めたテール。艶めかしい泳ぎでナチュラルにシーバスを魅了します。

 

このルアー1つで様々な動きに対応するこができます。

 

 

オススメなポイント

テールの多様性

上述した通りですが、やはりテール交換でアクションを変更できるのは非常にポイントが大きいですね。

スライドアクションはジョイクロ等、ライバルがたくさんいますが、スイムテールを使用した時のアクションは他を寄せ付けない秀逸さです。

自分の場合、ほとんどスイムテールでの使用です。

 

究極の自発的アクション

特に気に入っているのが、アップから流した時の自発的なアクション。

流れに乗りつつ、オートマトックにフラフラと動いてシーバスを魅了してくれます。

アップから流してこんな艶めかしいアクションをするのはなかなか無いです。

落ち鮎等、アップの釣りに抜群の効果を発揮するなぁと実感しています。

 

つくり・が丁寧

これはブルージュ190Fに限らずヒフミクリエイティング全般に言えますが

工業製品ながらハンドメイドを思わせる丁寧さを感じます。

ルアーは愛着を持って大切にバシバシと使いたい派の私。

この丁寧さは必然的に愛着が湧いていきます。

こんな手書きのメッセージを書いてくれる人が丁寧じゃないわけないですよね?

 

まとめ

巻いて良し!アクションさせて良し!流して良し!

 

サイズも重さもすべてがド真ん中な絶対に外さないビッグベイト!

大変丁寧なモノづくりのヒフミクリエイティングが贈る渾身のビッグベイト!

これは間違いなくオススメです!

最後まで読んで頂きありがとうございました!